西宮で鼻整形してよかった!

鏡を見れば見る程、自分の顔立ちが嫌いになっていった

しかし小学校の私にとって、男なのに嘘をついているという言葉はひどく心が傷つきました。
小学校高学年になると、周りの友達もお洒落やメイク、スキンケアに熱心になり、自分も良く鏡を見るようになっていったのです。
自分で鏡を見れば見る程、自分の顔立ちが嫌いになっていったんです。
鼻が低く、一重瞼の腫れぼったい目で、どう見てもかわいいおんなのことは程遠く、自分の顔が大嫌いになっていきました。
中学校になると余計に、自分の顔が気になってしまって視線恐怖症や、美醜コンプレックスになって学校にも行けなくなってしまったんです。
心内男子生徒からもブスとか、気持ち悪いと顔のことを言われたこともあって、怖くなって学校に行くこともできず投稿しなければいけないと思うと頭痛やめまいが見られるようになったのです。
その引きこもり生活は特に高校に進学してからひどくなり、ほとんど高校に登校せずに退学となってしまいました。
両親はどうして私が引きこもっているのか訳も分からず、非常に困惑し精神科やメンタルケアに連れて行こうとしたんです。
両親にも本当の理由をなかなか告げずにいたのです。
両親に自分の顔が醜くて、人の視線や誹謗終章が怖くて学校に行けないなど絶対に言えないと思ったんです。
これを言ってしまうと生んでくれた母親をひどく傷つけると思ってしまい、本当の理由が言えなかったのです。
でも同い年の親せきのいとこが、大学に進学したと聞くと私は一体何をしているのだという気持ちになっていき、立ち直る方法を自分なりに模索していきました。

私は小さな頃から容姿にコンプレックスを抱えていました鏡を見れば見る程、自分の顔立ちが嫌いになっていったヒアルロン酸を注入するだけの簡単な施術で見違える程目鼻立ちがくっきりした

西宮市の鼻整形でおすすめのクリニックはこちら鼻整形-大宮東口院-湘南美容外科